MUSIC MAN 1979年製 StingRay NAT が入荷しました。

※本商品は店頭展示品です。
※こちらの商品は委託販売品の為、現状での販売となります。予めご了承ください。

演奏に伴う打痕や塗装剥がれ等が散見される、年式なりのコンディションです。
ネックはリフィニッシュされており、ヘッドトップ以外の部分はポリ系のクリアーが吹かれている様です。
ネックデイト、ネックポケットデイト、ポットは何れも1978年ですが、ポットデイトが78年の末頃となっている為、78年末~79年初頭頃の製造個体と思われます。
ピックアップ、アッセンブリーはオリジナルで、現状良好な動作状況です。
ネックはナット交換が行われており、フレットも摺合せ若しくは交換されている可能性が高いです。
トラスロッドでの調整は可能で、演奏上の問題は現状特にありません。
ピックガード上にアクリル系と思われる樹脂板がフィンガーレストとして貼り付けられています。
本体の他に汎用ギグケースが付属します。
重量約4.4kg。

1976年よりスタートしたミュージックマン スティングレイ。
プリアーニー期の個体が入荷しました。
各部のデイトは78年ですが、ポットデイトが78年40週以降の製造となっている為、78年末~79年に入ってからの組み込みが考えられます。

約40年の時を経ている事を実証するような、気合の入ったルックスのボディは、ずっしりとした質感のアッシュ材。
初期のラッカーフィニッシュの個体らしく、ウェザーチェックや塗装剥がれが発生しているものの、レリックものでは出しえない存在感を持っております。

ネックは一定期間使用された後にリフィにッシュされている様で、クリアー層の下には、オリジナルフィニッシュの頃に付いたと思われる汚れや傷も有りますが、リフ自体は綺麗に行われており、指板面の演奏性の滑らかさは現場向けとも言えるでしょう。

出音は現行のスティングレイとは良くも悪くも異なる印象です。
ブーストのみの2バンドEQは、激しい効き方では有りませんが、しっかりと美味しい部分をプッシュしてくれる印象です。
この辺りの音作りの絶妙さは、サーキット部分のみを欲するユーザーが意外にも多い事を納得させられるサウンドです。

プレイヤーズコンディションの為、コレクティブなアイテムでは有りませんが、スティングレイならではのナチュラルフィニッシュ、良好な演奏性も有り、現場でしっかりとした活躍が期待できる1本です。。

人気の 1979年製 MAN MUSIC StingRay 【中古】 NAT-エレキベース

人気の 1979年製 MAN MUSIC StingRay 【中古】 NAT-エレキベース

人気の 1979年製 MAN MUSIC StingRay 【中古】 NAT-エレキベース

友田歯科では、一緒に働く仲間を募集しています。