【返品種別A】
□「返品種別」について詳しく□
2015年10月 発売

メーカー保証期間 1年


「担当者のコメント」

★パイオニアのプリメインアンプ3機種の内の1機種。ラインナップとしては、最上級機となるUSB-DAC・バランス入力搭載「A-70DA」、USB-DACを搭載しない「A-70A」、USB-DAC搭載でバランス入力を持たない「A-50DA」の3機種です。
3機種ともパワーアンプ部は共通で、出力素子として「Direct Power FET」を採用し、左右対称レイアウトでシンプルな構造のDクラス(PWM)パワーアンプを構成しています。放熱器が小型化できるため、パワー部での伝送経路の短縮が図れています。出力は、8Ω時で65W/ch、4Ω時で90W/ch、という十分なものです。電源部は、パワーアンプ部とプリアンプ部が完全に独立した「2電源トランス方式」です。
「A-70A」はバランス入力付きで、セレクターを通ることなく専用のバランスボリューム回路を経由して、パワーアンプに直接送られることで、音質上のメリットが俄然大きくなっています。
試聴した感想は、透明度の高い音質が印象的で、スピード感に優れ、背景が静かで、細かなニュアンスも十分伝わってきました。膨らみ過ぎない適度に締まった立ち上がりの良い低域、ボーカルもデジタル(Dクラス)アンプから来るマイナスイメージとはほど遠く、抜けが良く、サ行が目立つことも全くなく、しなやかで気持ちよく聴けました。オーディオ的ではなく、音楽的な聴き方に適したアンプと見ました。
さらに詳しくは、ハイエンドオーディオスタッフブログまで! 


フルバランス回路のプリアンプとクラスDアンプの融合による高音質化技術
パワー素子に「Direct Power FET」を採用し、クラスDをより良くドライブするために長年培ったノウハウと、そのノウハウを活かす部品の最適化による最新のクラスDアンプを搭載。プリアンプ部の左右独立構成のフルバランス回路による高純度な信号が、クラスDアンプならではの優れたエネルギー変換効率によるスピード感や低域におけるエネルギッシュなドライブ性能と融合。高解像で明瞭な音で、さまざまな楽器が持つ本来のリズミカルな音の響きや生き生きとしたボーカルの声を再現します。

高解像度を実現するバランス(XLR)入力端子を搭載
パイオニア製ネットワークオーディオプレーヤー「N-70A」やヘッドホンアンプ内蔵型USBDAC「U-05」、BDプレーヤー「BDP-LX88」などをはじめ、バランス出力を装備したハイエンドオーディオ機器との接続が可能。品質の高いノイトリック製XLR端子を採用し、L・R独立の高純度なバランス伝送によるシステム構築や、2番3番HOTの切り替えも可能です。

プリ部とパワー部に独立の大型電源トランスを搭載しノイズ干渉を低減
パワー部とプリ部の電源を独立させ、大容量の電源トランスを搭載しても、パワー部の電源がプリ部の小信号系へ及ぼす影響を最小限に抑えることを可能にしました。電源トランスにはシールドケースを採用しており、磁束ノイズを低減。また、シールドケース内には充填材を注入することで電源トランスから発生する不要振動を抑制しています。
これにより、信号伝送に悪影響を与える不要なノイズの発生を極限まで排除し、クリアな音楽再生に大きく貢献しています。

振動やノイズ低減を徹底した筺体設計
クラスDアンプ採用により実現したプリ部/パワーアンプ部/電源部の完全セパレート構造。アルミ切削によるVolノブや真鋳製インシュレーターを採用し、クリアな低域を再生します。


■ 仕 様 ■
[A70A]

パイオニア


(※この説明文は市場店の記載内容です。URLはhttps://item.rakuten.co.jp/jism/で始まります。URLが異なる際はサイトを利用することのないよう十分ご注意ください。)。

値引 A-70A パイオニア PIONEER バランス入力搭載プリメインアンプ-プリメインアンプ

値引 A-70A パイオニア PIONEER バランス入力搭載プリメインアンプ-プリメインアンプ

人気の著者

著者・専門家一覧を見る

値引 A-70A パイオニア PIONEER バランス入力搭載プリメインアンプ-プリメインアンプ